肌荒れの原因はメイク道具だった!知っておきたい7つの知識

肌荒れ原因メイク道具化粧品やお洋服には気を遣っているけれど、スポンジやブラシなどのメイク道具はきちんとお手入れしていますか?

メイク道具のお手入れはつい後回しにしたまま忘れがち。メイク道具が不潔だと、すぐにバイ菌が繁殖し、そのメイク道具がお肌との媒介となって肌荒れの原因を引き起こします。

そこで、今回は簡単なメイク道具のお手入れ方法をご紹介します。スポンサーリンク

1:パフやスポンジは週に一度は洗いましょう

顔全体に使用する、パフやスポンジはメイク道具の主役ですよね。実は、このパフやスポンジは一番汚れがたまるアイテム。雑菌が繁殖しやすいアイテムです。パフやスポンジは出来れば毎日。最低でも週に一度は洗いましょう

①  スポンジをぬるま湯でもみ洗いします。

②  専用洗剤や中性洗剤をスポンジに付け、親指の腹でもみ込みます。

③  ぬるま湯でもみ洗いします。

④  ファンデーションの色が出なくなるまで何度か繰り返します。

⑤  タオルなどで水気をとり陰干しをします。

この時、洗剤が残っていると肌荒れの原因になりますので、よくすすいでください。

パフは厚手のものが多く、乾きにくいので予備を用意しておくことをオススメします。

2:化粧ブラシは月に1度洗いましょう

アイメイクに使われるブラシは汚れていると化粧のりが悪くなり、皮膚の薄いまぶたに良くありません。週に一度、最低でも月に一度はお手入れしましょう。

①  中性洗剤やシャンプーを泡立ててからブラシを洗います。

②  根元の方から優しく洗います。

③  毛先を揃えながら十分に洗い流します。

④  リンスをつけるとさらに毛先がサラサラになり、毛ツヤが良くなります。

⑤  タオルなどで水気を拭いて、形を整え陰干しします。

3:アイシャドウのチップ

アイシャドウのチップは色がべったりとくっつき、汚れもアイシャドウブラシより付着しています。

①  専用洗剤や中性洗剤を、ぬるま湯でぬらしたアイシャドウチップに数滴たらします。

②  親指と人差し指で挟むように、押しては離しを繰り返して、泡立てて洗います。

③  ぬるま湯で流します。

④  汚れが完全に落ちるまで繰り返し洗いましょう。

⑤  タオルで挟みながら水気を取り、陰干しで乾かします。

チップは交換用もあるので使い捨てでも良いですが、定期的に洗うことで長持ちします。できれば週に一度は洗いましょう

4:リップブラシは化粧オイルで綺麗に

くちびるに直接触れるリップブラシにも雑菌が!と思うだけでゾッとしますね。リップブラシもちゃんとお手入れしましょう。

①  毎回使用後はティッシュなどで、毛先を揃えながら口紅をふきとります。

②  週に一度は、化粧オイルを含ませたティッシュなどで拭き取ります。

③  中性洗剤とぬるま湯で洗ってもOKです。

④  水気を拭いて、形を整えて陰干しします。

5:ビューラーが汚れているとまつ毛が抜ける?

ビューラーはまつ毛をクリンとさせて、目もとをパッチリさせます。最近ではまつ毛の育毛剤や美容液を使う人が増えているように、まつ毛を大切にしている人も多くなりました。

せっかくビューラーでまつ毛を上にあげようとしても、マスカラなどで汚れていると、付着している汚れがまつ毛を引き抜いてしまいますのでこまめにお手入れしましょう。

ビューラーのお手入れは、アルコールを使用します。手の消毒用のアルコールスプレーや100均のものでもOKです。

①  アルコールが含まれているウェットティッシュで、まつ毛を挟む部分の金属部分をよく拭きます。

②  ゴムの部分をよく拭きます。

ゴムは消耗品ですので、お手入れの際に摩耗していないか確認する事も忘れずに行いましょう。ビューラーは使用後にサッと汚れを拭き取ることが理想ですが、2、3日に一度はキレイにしましょう。

6:チークブラシ

チークブラシは太いものが多く、直接肌に触れる部分が広いので、清潔に保ちたいものです。また、動物毛を使用している事が多いので、ブラッシングをすると毛ツヤが良くなり、肌あたりも滑らかになります。

使用後はティッシュなどで粉をはたいておくと次回使う時に化粧ノリが良くなります。月に一度はシャンプーしましょう。

①  ぬるま湯で汚れを落とします。

②  シャンプーでよく泡立てて、手のひらで優しくあらいます。

③  泡立たなかったら、もう一度シャンプーします。

④  よく洗い流し、次に毛先を揃えながらリンスをします。

⑤  リンスを洗い流すときは充分におとします。

⑥  形を整えて陰干しします。

リンスが残っていると肌に刺激を与え、肌荒れの原因になります。

7:化粧ポーチ

せっかくメイク道具をキレイにしても、化粧ポーチが汚れていると、台無しです。化粧ポーチのお手入れは忘れがちですのでしっかり洗いましょう。

しかし、化粧ポーチは洗えるものと洗えないものがあります。洗濯できるものはネットに入れて洗濯し、洗えないものは、アルコールが含まれているウェットティッシュなどで、キレイに拭き取りましょう。洗ったり拭いたりしたら完全に乾いてから使用しましょう。

まとめ

メイク道具のお手入れはついつい忘れてしまいがち。お手入れをしないでいると、雑菌が繁殖し肌荒れの原因になるうえ、化粧ノリが悪くなります。

スキンケアやメイクにばかり気をとらわれずに、メイク道具もキチンとお手入れすることを心がけていきましょう。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ