整形しなくてもOK!二重まぶたを自力で作る方法

plastic surgery

憧れのぱっちりとした二重まぶたになりたい!!でも整形はちょっと勇気がいる・・・そんな方は多いのではないでしょうか。

二重まぶたは遺伝だから、自力ではどうにもできないと思ってはいませんか?実は自力で二重まぶたを作る方法があるんですよ!

いろいろな方法をご紹介しますので、ためして見て下さいね! スポンサーリンク

二重まぶたではない原因

一重の人のほとんどが、遺伝的に一重まぶただといわれています。しかし、両親が二重まぶただからと言って、必ずしも子供も二重まぶたになるとは限りません。

一重まぶたになってしまう原因は、まぶたに脂肪がつていることです。そのためにまぶたに折り目がつかず、二重まぶたにならないのです。

自力で二重まぶたを作るためには、まぶたの脂肪を少なくすればよいのです。

まぶたを温める

①40度前後のホットタオルを作って、5分間くらいまぶたにあてて温めます。

②水でしぼった冷たいタオルを1分間くらいまぶたにあてます。

これを2~3回繰り返すことにより、血行が良くなりまぶたのむくみが取れて目がすっきりします。血行を良くすることによって目を大きく開くことができるようになります。

マッサージを行う

aimassa-jiまぶたのマッサージを行うことで、脂肪を落としてまぶたのむくみをなくしていきます。

しかし、まぶたの皮膚は薄くて大変デリケートです。美容液や乳液などを使って滑りをよくしてから行うようにしましょう。

人差し指の腹を使って、目頭から目尻に向けて圧迫するように押し出していきます。

力を込めすぎてしまうと目やまぶたへのダメージになってしまいますので、目玉にほんの少し圧迫を感じる程度の程よい力加減を覚えましょう。

血行を良くすることによって、まぶたの重ったるしいむくみをとることができます。

時間があるときは顔全体のリンパマッサージも加えて、顔全体のむくみをとるようにします。

まぶたの筋力を鍛える

二重まぶたを自力で作るためには、まぶたを大きく開ける必要があります。二重まぶたを支えるだけのまぶたの筋力が必要になりますので、それを鍛えていきましょう。

また眼を大きく開けることで、普段の印象も変えることができます。

・眉毛を動かさないようにしながら、目を大きく開けます。

これを繰り返していくことでまぶたの筋力も鍛えられるうえ、まぶたの脂肪もとることができます。

意識的に瞬きを多くすることも、まぶたの筋力を鍛えるには効果的です。

二重まぶたのくせをつける

アイプチなどを使えば簡単に二重を作ることはできますが、アイプチを使うとまぶたの皮膚が伸びてしまうので、自力で二重まぶたのくせをつけにくくなってしまいます。

また、まぶたの皮膚は薄くて弱いので、アイテープなどを貼ったりはがしたりするのも良い影響を与えません。自力で二重まぶたを作りたい場合は、アイプチなどを使わないようにしましょう。

まぶたのむくみが取れてくると、まぶたが薄くなるために自分自身の二重のラインがうっすらと見えてくるようになります。

そこが二重にするのに最適なラインになりますので、アイプチのスティックなどを使ってまぶたの皮膚を傷めないように優しくなぞっていきます。

 

線がついたら上目遣いに目を見開いて、二重まぶたのラインを定着するようにしましょう。

続けることが大切

二重まぶたを自力で作るためには、3日坊主では作ることはできません。毎日毎日続けていくことが大切になるのです。

血行を良くしたりマッサージをしたり、目を見開いてラインのくせを作ったりすることを続けることによって、自然な二重まぶたを作ることができるのです。

実はこの続けるということが、最も大きな障害になります。自分自身でモチベーションをあげて、続けていける方法を模索しましょう。

二重まぶたを作るには、最低でも3ヶ月は続ける必要があります。気が付いたらマッサージを行ってみる、時間を決めて毎日しっかり行うなど、どのように行っていくのかは人によって様々でしょう。

どんな方法でも、全てにおいて最も大切なことは【継続する事】なのです。

まとめ

元々の二重まぶたは遺伝によって決まるが、実は自力で二重まぶたを作ることもできます

いろいろな方法を試すうちに二重まぶたが定着してくるので少なうとも3か月は継続して行ってみて下さいね。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ

Speak Your Mind

*