こんなにコンパクト!メイクパレットの作り方5STEP

meikuparetto

ファンデーションからアイメイク、リップまで1つのパレットに納めてしまう「メイクパレット」ってご存知でしょうか?

普段自分が使うメイクアイテムを使ってメイクパレットを作る方法をご紹介します!化粧ポーチもスッキリ片付きますよ!

スポンサーリンク

メイクパレットのメリット

メイクパレットには様々な大きさがありますが、一番大きいタイプになるとベースメイクからアイメイク、リップ、チークまで入るので、メイクパレット一つを持ち歩いていればどこでもフルメイクが完成するのが便利な点です。旅行だってこれ一つで行けちゃいますよね。

普段お化粧直しはチークとアイメイクくらいしかしないという方は、コンパクトなメイクパレットにその二つを一緒にして持ち歩けば良いので、メイク道具が沢山詰まったポーチも持ち歩く必要がなくなり荷物も減るでしょう。

また違うブランドのメイク道具を使っている場合は、どうしても持ち歩く場合にかさばってしまいますが、メイクパレットさえあれば一つにまとめることが可能です。

逆にメイク道具を全て同じブランドで統一している方もいますが、その場合もすべて持ち歩くとなると結構な荷物になるので、少量ずつ入れて持ち歩けるメイクパレットが便利になります。

同じブランドを使ってメイクをすると、色の出方が良かったり、化粧の持ちが良くなるので、メイクパレットさえあればどこでもプロ級のメイクが可能になるでしょう。

メイクパレットのケースに使えるモノ

メイクパレットを作る時は、自分のニーズに合ったケース選びから始めましょう。

フルメイク道具を入れるメイクパレットを作る場合は、色鉛筆の空き容器などが便利ですよ。

クーピーなどは大きなケースもあるので、デザインが気になるという方はマスキングテープなどを使って自分好みにカスタムしても良いでしょう。

シャドウやリップだけの場合は100均に売ってるメイクパレットやキャンディーなどが入っていた缶ケースやメタルケースも利用できて便利ですね。

意外な所では名刺入れもコンパクトなメイクパレットとして使えます。持ち運びも便利ですしデザインも沢山あるので、自分だけのオリジナルメイクパレットを楽しむ事ができるでしょう。

メイクパレットは便利なマグネットシートで!

マグネットシートを利用すれば、出し入れが自由自在なメイクパレットが作れます。

缶ケースやメタルケースの底に合うようにマグネットシートをカットして敷けば出来上がりです。

メイクパレットに入れたい部分をケースから取り出しますが、だいたいの場合マグネットにくっつく素材で出来ているので、そのまま自分のメイクパレットに置けばくっつきます。

マグネットなので入れ替えも簡単ですし、その日の気分やファッションによってメイクを変えたい場合でも、必要な分だけメイクパレットに収納して出かければ良いだけなので便利ですよね。

アイシャドウは特にそうですが、自分のお気に入りのカラーがあちこち違うパレットにあるので常にいくつものシャドウを持ち歩かなければいけないのが、メイクパレットにすればそれが一つにまとまります。

k31252302

メイクパレットへのリップの入れ方

特にスティックタイプのリップは、最後まで使い切るのがなかなか難しいと思いませんか?ブラシで取るのも良いですが、そうするとブラシの痛みが早くなってしまいます。

でもお気に入りのカラーは残すのも勿体ないのでキレイに使い切りたいですよね。そんな時こそメイクパレットに移して使うのが便利でしょう。

・つまようじや綿棒などでリップをメイクパレットに移し替えます。

・上からドライヤーで熱を加えます。

・ドロッと溶けてきて、表面がキレイに平らになったら出来上がりです。

新品のようなリップパレットが出来上がります。

これはプロのメイクアップアーティストも使っている裏技なので、品質が落ちる心配もなく好きなカラーを使い切る事ができますよ。

 完全オリジナルメイクパレットを作ろう!

プロが選んだ組み合わせが入っているメイクパレットが市販されていますが、やはりメイクは自分流で!という方は、オリジナルのメイクパレットがおすすめですよ。

作り方はいたって簡単ですし、材料費も手頃なのでお安くメイクパレットが作れます。

・メイクパレットに入れたいメイク道具を丁寧に1つづつ入れ物から外していきます。

・ペーパーナイフやハサミの刃をかませて「てこの原理」を使えば簡単に取り出せます。

・裏についている糊を綿棒などを使ってきれいに取り除きます。

・このひと手間がメイクパレットをよりきれいに仕上げる為になるので、面倒でも必ず行ってくださいね。

・サイズに合ったケースを選んで、きれいに並べて両面テープなどで貼るか、マグネットシートを敷いて並べたら出来上がりです!

 まとめ

メイク道具は途中で飽きたりして使い切る前にさようなら…なんてことも多いですが、自分でメイクパレットを作ってみると、なんとなく愛着がわいてきて最後まで使い切れるようになれるかもしれませんよね。

これを機会に便利な上にエコで可愛らしい、自分好みのメイクパレットを是非作ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

こちらもおすすめ

Trackbacks

  1. […] 出典こんなにコンパクト!メイクパレットの作り方5STEP […]

Speak Your Mind

*