アイメイクの順番を変えると失敗しない7つの理由

aimeiku

メイクをする順番に絶対的な決まりはありません。自分の好きなように行うのがメイクです。

でも、上手くいかない場合、いつものアイメイクの順番がやりにくいのかもしれません。

たまにはアイメイクの順番を変えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

最初は眉から始めてみよう

眉は右と左が違う形になってしまうとバランスが悪くなります。最初から左右対称に描くことができる人はなかなかいないので、眉を描く時は鏡に顔を近づけないように注意して描くようにしましょう。

左右対称に見るためには、鏡に顔全体がうつるようにしておく必要があります。

メイクの時の注意と同様に、明かりも正面から当たるようにします。左右対称に描きたいのに、光が片側から指していると濃さが違って見える為注意が必要です。

アイプチは早めに行う

アイプチはまぶたにメイクした後でははがれやすくなってしまいます。アイラインやアイカラーをする前に行っておくと良いでしょう。

アイメイクはアイプチがしっかりと乾いてから行います。全体的に不自然でないように鏡でチェックして下さい。その際に横からもチェックしておきましょう。

ビューラーを使う

ビューラーを使ってまつげを持ち上げたい時は、アイメイクを行う前に行いましょう。

アイメイクをした後にビューラーをまぶたにつけてしまうと、せっかく行ったアイメイクが取れてしまう場合があります。

アイメイクの最後に使うのではなく、アイメイクの最初にビューラーを使うようにし、その後軽くマスカラをつけるとカールをキープしたままメイクできます。

アイラインの順番

アイラインの順番は、メイクの仕上がりによって変えます。

ナチュナルメイク アイラインはアイカラーをする前に行います。

アイラインが目立つメイク アイメイクが終わった後アイラインをひきます。

アイライナーにはリキッドタイプとペンシルタイプがあります。

リキッドタイプはアイラインをはっきりと目立たせます。

ナチュナルメイクやメイク初心者の方は、ペンシルタイプのアイライナーを使用すると失敗しにくく自然に仕上がります。

アイライナーを使用する時には、ひじを固定し、小指を頬などに軽く添えて行うようにすると手が震えずに描く事ができます。アイラインに慣れていない方は、一気にアイラインをひくのではなく少しずつ動かすように描いていきましょう。

失敗してこすると、目の周りが真っ黒になり修正が効かなくなりますので、綿棒などで優しく取りましょう。

aikara-

アイシャドウを使う

アイシャドウの使い方の基本は、明るい色からのせていくことです。

ベースカラーをアイホール全体にのせます。

次に濃いめの色を目のくぼみに沿ってのせていきます。

一番濃い色を目のアイラインの位置に沿ってのせていきます。

最後は未使用のブラシか、指の腹で目を囲むようにぼかしましょう。

二重の場合は二重全体を塗りつぶしてしまわないように注意します。二重を塗りつぶしてしまうと、目が細く見えます。

グラデーションを意識する事でキレイなカラーが出ます。

マスカラを塗る

マスカラはアイメイクの最初と最後に塗るります。

初めに塗る場合は、下地や、ロングタイプなど薄付きの物を使用します。他のメイクをしている間に乾いてくるので、最後に仕上げのマスカラを塗る時にパリッとしてダマになりにくくなります。

また、アイシャドウやファンデーションなどの粉がまつげに付いて白くなり、マスカラもムラになるので軽くコ―ムで梳かしてから付ける事もキレイに仕上げるコツです。

マスカラをつける際に、液がブラシに沢山付いてしまうと、ダマになります。ブラシを取りだしたら入り口で余分な液をそぎ落とす様にしてから塗りましょう。

まぶたにマスカラがつかないように鏡を下にして視線を下にすると塗りやすいです。

それでもまぶたについてしまった時には、こすらずに乾いてから綿棒で軽くこするとポロポロ取れます。ウォータープルーフの場合はオイルの入っていないオイルフリータイプのメイク落としを綿棒に染み込ませてなぞるように落とします。

どちらの場合も目元の皮膚は薄いので、力は入れない様にしましょう。また、取れてしまったアイシャドウは塗り直しましょう。

最後にもう一度アイライナーを塗る

アイメイクをしているうちに、最初に塗ったアイライナーがボロボロになってしまう場合があります。その場合もう一度最後にアイライナーをひきます。

自然にクッキリした目を作りたい時には、この最後のアイライナーを忘れずに行うようにします。

ナチュナルメイクを目指しているのであれば、ブラウン系のアイラインを使用し、濃くならないようにしましょう。

まつげの下側に目の際に沿ってアイライナーをひくのですが、仕上げでひく場合はまつげでブロックされるので、ガタガタせずに引くことができます。

まとめ

メイクには決められた順番はありません。自分が一番上手くできる方法で行うのが良いでしょう。

しかし、現在のメイク方法であまりうまくいっていないアイメイクであれば、その順番を変えてみると意外としっくり来るかもしれません。

時には気分を変えて、アイメイクの順番を入れ替えてみるのも良いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

こちらもおすすめ

Speak Your Mind

*