脂性肌の人が知るべき、基本のスキンケア対策法


油性肌の人が知っておきたい3つの対策方法

脂性肌の人が美肌を目指すには、脂性肌用のスキンケア術を身に付けなければなりません。

「脂性だからもうお顔のお手入れはあきらめてる。美容とは無縁・・・」なんて言う方でも簡単に出来る基本のスキンケアと毛穴対策方法をご紹介します!

スポンサーリンク

脂性肌のクレンジング法

脂性肌の人の対策としては、まずは汚れを正しく落とすことです。

脂性肌の場合クレンジングはメイクをしてもしなくても毎晩欠かさずに行うようにします。

朝起きて顔がベタつく日は、朝もクレンジングを行うようにすると余計な油分が落ちてお化粧持ちも良くなります。

洗顔はとにかくやさしく

脂性肌はニキビや吹き出物ができやすいので、刺激により炎症を起こしやすく敏感です。

洗顔時には絶対にこすらないように気をつけましょう。

洗顔フォームや石鹸で洗うときは、泡立てネットなどを使って良く泡立て、目元や、頬、口の周りなどのUゾーンはたっぷりの泡を転がすようにして洗います。

脂の出やすい額や鼻などのTゾーンは指先を使って丁寧に洗うようにしましょう。

すすぎの際と、洗った後のタオルでゴシゴシは禁止です!

脂性肌の化粧水選びのコツ

si-tomasuku

洗顔後のさっぱり感を保つ為に洗顔後に化粧水はつけない!という人もいますが、実は脂性肌は水分が不足して乾燥から肌を保護する為に皮脂が過剰に出るという場合が多いのです。

化粧水をしっかりつけて水分を補うようにすると、水分と皮脂のバランスが取れて脂の分泌が収まってきます。

ニキビができている場合の化粧水は殺菌作用や抗炎症作用などのある成分を配合したものを使うのが効果的です。

刺激を避ける為、パッティングしたりコットンでこすったりせず、手のひらにとって数回つけるようにしましょう。

シートマスクにニキビ用化粧水を浸して、暫く貼るのもおすすめです。刺激と乾燥予防の為、シートが乾く前にはがす様にしましょう。

クリームや乳液は必要か?

過剰な皮脂が分泌されている脂性肌の人はクリームや乳液はあまり必要ありませんが、汗腺、皮脂腺の少ない口元や目元は乾燥しがちな部分ですので、セラミドやNMFなどの保湿成分が配合された美容液を部分使用するようにします。

また、ニキビに赤みや痛みがある場合には美容液や保湿剤は使用しないようにしましょう。

脂分は紫外線を吸収しやすいので日焼け対策はとても大切です。低刺激の肌に優しいUV化粧品を使用するようにして、メイクは粉おしろいや軽めのパウダーファンデーションをつけるなど、紫外線による肌のダメージを受けないように気をつけましょう。

色素沈着してしまうとニキビ跡などがより目立ってしまい、治りにくいので、ニキビが出来ているときは予防、治ったら美白化粧品で治療をするようにしましょう。

まとめ

脂性肌だから乾燥しないと思ってスキンケアを怠ってはいけません。

毎日の肌状態を確認しながらお手入れをすることで、水分と油分のバランスを整えて、皮脂分泌の落ち着いた肌質に改善していきましょう。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ