花粉症だけじゃない!R1ヨーグルトの効果

R1yo-gurutoR1ヨーグルトが花粉症に効果があるといわれていますが、実はR1ヨーグルトは花粉症以外にも様々な効果があるのです!
R1ヨーグルトは、毎日飲み続けることで効果が表れる事が実証済みですが、一体どのようなものに効果があるのでしょうか。

スポンサーリンク

R1ヨーグルトと普通のヨーグルトの違い

R1ヨーグルトに使われているのは普通のヨーグルトと同じ種類のブルガリア菌です。

その中でもOLL1073R-1という株を使用して作られているのがR1ヨーグルトです。このOLL1073R-1という菌株が、健康効果を上げてくれる特定の物質を生産してくれるのです。

普通のヨーグルトでさえ健康に良いというのに、その菌株の中でもより健康効果の高い菌株を使用しているR1ヨーグルトに健康に効果がないわけがありません。

ちなみに1073R-1は明治乳業が特許を取得しています。

R1乳酸菌は、このNK細胞を活性化して免疫機能を高めてくれるので、R1ヨーグルトは花粉症に効果があるといわれているのです。

R1ヨーグルトの効果

インフルエンザの予防

innhuruennza

NK細胞を活性化することによって、免疫力を向上させてくれるのがR1ヨーグルトの効果といわれています。それによりインフルエンザに感染する率も大幅に下げられるといわれています。

佐賀県有田町、山形県舟形町では、幼稚園児から中学生までの子供たち、並びに学校関係者全員に給食などで毎日R1ヨーグルトを食べ続けてもらう調査をしたところ、他の地域よりも感染率が低くなったという結果が明らかになりました。

がんの予防

またNK細胞はがん細胞の増殖を防ぐ効果があるといわれているので、がんの予防にも効果が期待できます。

腸内環境の改善

ヨーグルトを食べ続けることで腸内環境も良くなり、便秘や下痢などの悩みも解消してくれます。

腸内環境が整えば、それだけで免疫力も高まりほかの病気にも罹ることが少なくなります。

美肌を作る

腸内環境を整えることにより肌の正常なターンオーバーを促し、ニキビやシミなどの様々な肌のトラブルを解消することができます。

続けることが大切

R1ヨーグルトが体に良いということは理解できたと思いますが、ここで肝心なのが続けることです。

たまにR1ヨーグルトを摂取するというだけでは、上記にあげた様々な効果を得ることはできません。なぜならば乳酸菌は体に取り入れた後長くても、1週間くらいで死滅してしまうからです。

体内に乳酸菌を入れておくためには、毎日食べ続ける必要があるのです。

明治のR1ヨーグルトは固形ヨーグルトだけではなく飲むタイプもありますので、どちらのタイプでも毎日摂り続ければ効果が期待できます。

R1ヨーグルトはいつ摂取する?

yoruyo-guruto

ヨーグルトは朝食というイメージがありますが、ヨーグルトを摂取する一番良い時間帯は寝る前といわれています。

これは腸の活動が一番活発になる時間帯が夜だからなのです。

眠りについた後で腸内の善玉菌の活動が活発になり、腸内環境を整えるために老廃物を排出していくため夜に摂取するのが望ましいといわれるのです。

夜食べると太る?

毎日毎日寝る前にR1ヨーグルトを摂取すると、ダイエットに悪影響を与えてしまうような気もしますよね。でもその考え方は逆といえます。

腸内環境が整えられて、体内の老廃物が排出されるようになることで、ダイエットで行われた老廃物も体外へ排出されていきます。それだけで体重が減っていくことも実感してください。

またダイエット的な考え方でヨーグルトを摂取するということは、やはり夜にヨーグルトを摂取するのが良いといわれているのです。

腸のゴールデンタイムと言われている22~2時までに善玉菌が腸へ届いているのがヨーグルトダイエットの基本といえます。ダイエット的にも眠る2~3時間前くらいがベストのタイミングといえます。

ゴールデンタイムにR1ヨーグルトを摂取しておくことは、腸内環境を整え免疫力を上げるということ以外にも、ダイエット効果もあるということになります。

こうなったら寝る前にヨーグルトを摂るしかないですよね。

まとめ

R1ヨーグルトは免疫力を上げてくれるので、花粉症以外の様々なものに効果が期待できます。

しかし効果を得るためには、摂取し続けることが大切です。寝る2~3時間前くらいに摂取すると効果を最大限に引き出すことが出来ます。

夜寝る前にR1ヨーグルトの習慣を身につけましょう!

スポンサーリンク

こちらもおすすめ

Speak Your Mind

*