10キロ痩せる方法|夜18時以降は食べないダイエット5つのコツ

10キロ痩せる方法

10キロ痩せる方法効果的な方法として夜18時以降は食べないダイエットというのがあります。芸能人でもこれを実践している人は多くいますよね。ですがなかなかこの時間いないに食べれる人はいないでしょう。一番太る原因というのは「夜食べて消化されていないうちに寝る」ということがタブーなのです。

お相撲さんは食べて寝て太ります。夜はカロリーの高いものを贅沢に食べたいですよね?ですがこれらを寝る直前に食べたら体に吸収されてしまうということ。ですから寝る前から逆算して最低でも3時間、理想は4時間ほどあけるように計算して夕飯の食事時間を決めるとよいでしょう。10キロやせる方法の基本はこの食事から寝るまでの時間です。さて、ここからさらに「食べたい」という欲を抑えるための5つのコツを紹介してみます。どれも簡単に意識付けできるものだと思いますので、ぜひ実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

1 夕食の時間を決める

 夜18時以降は食べないダイエットをするにあたって、一番大事になってくるのは食事の時間です。この時間在宅している人であれば可能でしょう。とくに一番いいのは子育て中の人かもしれませんね。子供と一緒の時間に食べる、そしてそれ以降は食べないとすると比較的簡単にできると思います。しかし難しいのは在宅していない人です。学生だったり仕事している人は難しいでしょう。

ですがこのダイエットでは先もお伝えしましたが「食べる時間」が大事になります。この時間は食事をする時間だと予めきめて、実行するようにしましょう。仕事をしていても、自分は自分と、割りきりが大事です。どうしても難しいときは就寝時間の2〜3時間前には食事をすませているようにしましょう。

2 食べているときは食べる事に集中する

 食べるときは仕事でも勉強でも手を休めて食べる事に集中しましょう。「食べている」と意識するだけで、脳は満足感を得ます。30分ぐらいかけて食べるといいですね。とりあえず食べるというように、ながら食いだったりぱぱっと短時間で食事を終えてしまうと満足感を得にくいため、時間がたつと空腹感がでてしまいます。そうすると誘惑に負けて「夜食」に手をだしてしまいがちに。

18時以降食べないダイエットですから、いかに夕飯で満足するかがポイントになります。何事もメリハリが大事です。仕事をするときは仕事。勉強するときは勉強。食べるときは食べるというようにそのときそのときでリセットしましょう。

3 食事のあとは軽い運動を

 夜18時までに食事をすまし、その後食べずに朝まで過ごすことは胃腸にも負担をかけず健康的です。ですが、食べてすぐ横になってごろごろしているだけでは太りにくいかもしれませんが痩せる効果は出にくいです。またそのまま寝てしまうなんてことをしたらダイエットなんて問題外!?。寝ている間は食べたものは消化吸収されません。そのため朝になっても胃がもたれていたり、胃の中に食事が残っているため朝しっかり食事を取ることも難しくなります。

寝る前の2〜3時間前に食事をすますということは、消化吸収もさることながら、胃腸を休める時間でもあるわけです。満腹になって眠たくなってきたころに体を起こすために10分〜30分の軽い運動をするとよいとされています。あくまでも軽い運動です。外にでて夜風に当たりながらのウォーキングでもよいですし、外に出られない環境であればストレッチやヨガでもよいです。体がほのかにあたたまる程度の運動をするとダイエット効果を高めてくれます。食欲という欲を運動をして吹き飛ばしましょう!体を動かす事は欲を発散する一番の方法です。

4 半身浴で体をあたためる

 体を温めるために半身浴をするのがよいでしょう。夜食べてしまう人の多くは、なかなか眠れない、寝つきが悪いという人も多いのです。眠れないから空腹を感じて食べてしまう・・・。そういう方であれば寝る時間の1時間前ぐらいにぬるま湯に入って体を温めるとよいでしょう。あついお風呂に入ってしまうと目覚めてしまうため注意。ぬるま湯で半身浴程度がよいでしょう。

お風呂から上がった後はお水を軽く一杯飲みましょう。軽い運動運動することにも繋がってくるのですが、体をかるく温め体温を上げることで、いい睡眠に入る事ができるのです。体温が上がって下がりきると人は深い睡眠を取れるのです。お風呂で上がった体温が徐々に冷えてくると自然に眠気が強くなってきますので、完全に冷え切る前に布団に入ると質のよい睡眠が取れます。ダイエットには体を休める事も大事です。充分に睡眠時間をとって体を休めるのもダイエットを無理なく成功させるポイントですよ。

5 食べ応えのあるものを食べよう

 夜18時以降は食べないようにするためには、「満腹感」が大事です。ゆっくり食べて満腹感を得る、「あ〜今日は食べた〜♪」と思えるかどうかがポイントです。食べ応えのあるもの、咀嚼を多く必要とするものを多く食べると良いでしょう。よくカロリーの高いものを食べる前に生野菜を先に食べるといいといわれてるのは生野菜はよく噛むため「満腹感」を得やすいのです。

生野菜だと食べた気がしないという方は、きのこ類やこんにゃく類、またゆでた野菜などもいいでしょう。意識的に咀嚼を多くしてもいいですね。1回ごとに30回噛むという昔ならではの方法は最適だと思います。表情筋も動かすため小顔効果も期待できちゃいますね!

まとめ

 さて、10キロ痩せる方法として夜18時以降は食べないダイエットを成功させるためのコツを5つ紹介してみました。どれも難しいものではなく、ほんのちょっとの意識付けでできてしまうものだと思います。時には付き合いで18時以降食べないといけないときも出てくるでしょう。そのときは割り切って楽しみましょう!ストレスはダイエットの最大の敵です。ですが、回数は週に1回程度にとどめておくなど予め決めておきましょうね。

中には、18時以降食べないというのは「太りにくくなる」というだけで痩せるものではないともメディアでは言われています。はやり健康的に痩せるためには適度にからだを動かす事は必要だということでしょう。早く効果を出したい!10キロやせたいというのであれば、食後にかるい運動をする事はとても効果的で、かつ、質のよい睡眠をとることもできるためぜひ行ってみてほしいです。無理せずがんばってくださいね!

スポンサーリンク

こちらもおすすめ