1日5分でふくらはぎ痩せ!ふくらはぎに効く6つの簡単脚痩せ方法

1日5分で太ももふくらはぎに効く!簡単脚痩せ6つの方法
ふくらはぎはどうして太くなるのか、そしてなぜ痩せにくいのか。

ふくらはぎの人体図を見てみれば、ヒラメ筋と呼ばれる筋肉が全面的に被っているのがわかります。ふくらはぎは体の中でも比較的脂肪が付きにくく、もともと筋肉が大半を占めています。脂肪は筋肉を動かして燃やせば減少しますが、筋肉を落とすとなると究極のことをいえば寝たきりになるしかありません。もしくは歩かなくて済むお嬢様。そんなの無理ですよね(笑)。そこで、1日5分で太もも・ふくらはぎを細くする簡単な脚痩せ方法をご紹介します。

 

1日5分でふくらはぎ痩せ!ふくらはぎに効く6つの簡単脚痩せ方法

足のむくみとふくらはぎ太りの原因

人間が立って生活するようになってから重力の影響を受けやすくなりました。

人間の体は成人で約60%もの水分で構成されています。それが重力で下へ下へと下がっていきます。ほどよく運動を取り入れていれば話は別ですが、女性の大半はデスクワークが多くデスクワークでなくても立ちっぱなしの職種が多いと思います。

上から段々と下がった水分は足に溜まっていきます。朝は履けたブーツが夕方にはきつくて履けないのは、全身の水分が足へと下がった結果むくんでしまい太くなってしまった結果です。ふくらはぎが心臓よりも下の地上近くにある限りこの宿命からは逃れません。

引力を利用した脚痩せ法

先程も書きましたが、心臓よりも地上近くにあるふくらはぎに水分が貯まるのはニュートンの万有引力に法った自然の法理です。誰も逆らうことはできないでしょう。

しかし、もうご存知の方も大勢いらっしゃるかもしれませんがこの法則に逆らえるひとつの裏技があります。それは心臓よりも足を高くするのです。なんだぁ~とお思いのかたもいらっしゃるでしょうが、実際継続して実践されている方はどれぐらいでしょうか?一番楽なのに実践することを一番忘れがちなのがこの方法です。

会社の昼休み、帰宅してからなど工夫して実践してみてください。これには嬉しい副作用もありあます。低血圧の人は朝目覚めに実践すると血圧が緩やかに上昇して起き上がりやすくなります。寝る前に足元にクッションを置いておき、目覚めたら足を乗せてむくみ撃退と低血圧回復にチャレンジしてください。

もう一つ。寝転がって足を高々と上にあげてキープしてむくみをとれば、同時に腹筋やお尻のシェイプアップにもなりますよ。

体の仕組みを利用した脚痩せ法

人間の体には、血管ともう一つリンパ腺があります。このリンパ腺は身体中いたるところに張り巡らされています。特に関節の裏側や首筋に太いリンパ腺があり、腕を曲げたり、足を組んだりするとリンパの流れが悪くなります。

リンパは静脈で吸収しきれなかった老廃物をかわりに回収し運搬しています。そんな一生懸命働いているリンパを助けてあげることによりふくらはぎから太もも痩せが手に入れられるのです。リンパマッサージをすることによりセルライト撃退にもなりますので固太りしている太ももの内側や裏側にも効果的です。

まず足首から膝のほうに向かって足の裏側をトントンと軽くたたき上げてあげましょう。両足で2分弱ってところでしょうか。その後同じ要領で優しくさすりあげます。さらに足首からひざ下まで筋肉をもみほぐして、もう一度手のひらの温かさで包み込みながら下から上へと優しくさすり上げて終了です。

太ももも同様に、足の付け根に太いリンパ管が通っていますのでよくストレッチをしたりマッサージをしたり、あと重要なのはきつい下着でリンパ管を締め付けてしまって流れを悪くするのだけは避けてください。

両足で5分程度を目安に気張らずに実践することが一番だと思います。

簡単!脚痩せストレッチ

身体が硬いと言うことはケガの原因にもなりますし、何よりストレッチをしていない証拠ですよね。ストレッチは基本的に呼吸をしながらゆっくりと行うものですから代謝アップにもつながります。

まず、直角の場所(壁を利用しましょう)に腰の下から背中、肩も付けて足を前方に伸ばして座りましょう。身体の硬い人はこれだけでもかなり辛いとは思いますが、大きく息を吸って吐いてしながら無理のない時間キープしましょう。ここであえて時間は指定しません。なぜなら少しでも続けてもらいたいからです。時間を決めてしまうと達成できなかったときにすぐに諦めてしまう可能性があります。なので時間は決めずに、できるタイミングで行うのが長く続けるコツです。

このストレッチは太ももからふくらはぎにかけて伸ばす動作になります。この時、余裕のある人はつま先をまっすぐ前方に伸ばしたり、すねに向かって引きつけたりする動作も加えるとより効果が現れやすくなります。

侮れない!王道の脚痩せ法

足痩せに関する書籍やWEBページで必ず紹介されているのがつま先立ちです。王道中の王道ですが侮ってはいけません。一番ダイレクトに効果が期待できるのですから。

でもやりすぎは禁物です。なぜなら筋肉痛やイレギュラーなケガを招く場合もあります。

よし!今日は実行したぞという満足感を得られる程度を毎日、もしくは一日おきに実行してみましょう。

効果絶大な『ツボ押し』脚痩せ法

私たちは東洋医学に慣れ親しんでいますから、西洋の人たちよりは楽にむくみや肥満を解消できる利点を持っています。それは何かというとズバリ「ツボ」です。

まず足の疲れを取りましょう。膝の皿の下に少し出っ張った骨があります。わからない人はまっすぐに膝を伸ばして探してみてください。その骨から人差し指と中指の二本分小指側のところに「足の三里」という足の疲れを取るツボがありますのでここを親指で押してみてください。だるい感じの痛みを感じればそこがツボです。

ツボを見つけられたらそこをゆっくりと呼吸しながら息を吐くときに押す。吸うときにはなすを7回ほど行いましょう。くれぐれも強く押しすぎないようにしてください。

もう一つ、足のむくみを取るツボをご紹介します。「陰陵泉」(いんりょうせん)と言って「足の三里」とは反対側の内側・親指側にあるツボです。ツボを押す足とは反対の手を膝の皿の下から人差し指、中指、薬指と三つ沿わせ膝を鷲掴みにした薬指と小指のあいだの空間にある痛みを感じる場所(骨の上です)にあります。そこを足と同じ側の手の親指で先ほどと同じ要領で押してください。とても気持ちのいい痛みを感じるツボですのでくれぐれも強く押しすぎないようにしてください。普段からここのツボを押したりさすったりしているとむくみ予防にもなります。

三日坊主を利用した脚痩せ法

三日坊主で諦めてしまう人は三日坊主を繰り返して頑張りましょう。

この時必要になるのは最終目標を明確に立てているかどうかです。目標が明確であればあるほど三日坊主であろうが無かろうが頑張れます。過程はどうであれ目標を達成すればいいのですから。通勤途中のガラスに映る自分の足を見て落胆する日々を送るのか、それとももう一回頑張るのか。諦めればそこでおしまいです。三日坊主は頑張ってしすぎないちょうどよいリズムにもなりますから利用しない手はないですよ。

まとめ

足のむくみとふくらはぎ太りの原因

  • 人間の体は成人で約60%もの水分で構成されている。
  • 全身の水分が足へと下がった結果むくんでしまい太くなる。

引力を利用した脚痩せ法

  • 心臓よりも足を高くする。
  • 低血圧の人は朝実践すると血圧が緩やかに上昇して起きやすくなる。
  • 寝転がって足を上にあげてれば腹筋やお尻のシェイプアップにもなる。

体の仕組みを利用した脚痩せ法

  • 足首から膝のほうに向かって足の裏側をトントンと軽くたたき上げる。
  • 足首からひざ下まで筋肉をもみほぐして、上へと優しくさすり上げる。
  • きつい下着でリンパ管を締め付けて流れを悪くするのは避ける。

簡単!脚痩せストレッチ

  • 直角の場所に腰の下から背中、肩も付けて足を前方に伸ばして座る。
  • 時間は決めずできるタイミングで行うのが長く続けるコツ。
  • つま先をまっすぐ前方に伸ばしたりすねに向かって引きつけたりする。

侮れない!王道の脚痩せ法

  • つま先立ちが一番ダイレクトに効果が期待できる。
  • 筋肉痛やイレギュラーなケガを招くのでやりすぎは禁物。
  • 満足感を得られる程度を毎日もしくは一日おきに実行する。

効果絶大な『ツボ押し』脚痩せ法

  • 「足の三里」という足の疲れを取るツボを親指で押す。
  • 「足の三里」とは反対側の内側・親指側にあるツボ「陰陵泉」を押す。
  • これらのツボを押したりさすったりしているとむくみ予防にもなる。

三日坊主を利用した脚痩せ法

  • 目標が明確であればあるほど三日坊主でも頑張れる。
  • 三日坊主は頑張ってしすぎないちょうどよいリズムにもなる。

なんだかんだ言っても実行しないと効果は現れませんし、実行したからといってすぐに結果が出るわけでもないので一番大事なのは、ふくらはぎ・太ももを痩せさせるということに集中せずに、身体をいたわってあげているんだというリラックス効果の方を重点して考えたほうが長続きして最終目標である「痩せ」に到達していけると思います。

ストイックにできる方は別ですが、この記事のタイトルにもあるように1日5分でいいのですから気楽に自分を攻めすぎて逆にストレスにならないようにだけ気を付けてくださいね。これが一番のコツかもしれません。

 

こちらもおすすめ